石本 優太

石本 優太

First-year Ph.D. Student

九州大学

プロフィール

九州大学大学院 システム情報科学府 情報理工学専攻 博士課程1年.

学部4年より 九州大学 鵜林・亀井研究室 (POSL) に配属. 鵜林 尚靖 教授のもとで機械学習システムに対するソフトウェア工学の研究に従事. これまで,RNNモデルに対する自動的なバグの原因特定の研究や,DNN修正技術による新たなバグ混入を事前に予測する研究を行う.

興味・関心
  • 機械学習のためのソフトウェア工学
  • 深層学習 (DNN) モデルに対するバグの原因特定・修正
  • 量子ソフトウェア工学
学歴
  • システム情報科学府 情報理工学専攻 博士課程, 2023 -

    九州大学

  • システム情報科学府 情報理工学専攻 修士課程, 2021 - 2023

    九州大学

  • 工学部 電気情報工学科, 2019 - 2021

    九州大学

  • 電子情報工学科, 2014 - 2019

    福井工業高等専門学校

ニュース

  • [2023/10-11] 東京大学 Lei Ma准教授の研究室にて特別研究学生として在籍.
  • [2023/10] 国際会議QRSに参加し,論文発表(オンラインで発表).
  • [2023/09] 2024年度日本学術振興会特別研究員(DC2)に採用内定(研究課題名「機械学習システムの運用時における自動的な品質保証技術の確立」).
  • [2023/09] 日本ソフトウェア科学会第40回大会(東京大学本郷キャンパスで開催)のトップカンファレンス・トップ論文誌特別講演のセッションにて発表.
  • [2023/08] ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2023(早稲田大学西早稲田キャンパスで開催)にて招待論文発表.
  • [2023/07] MSR Asia Summit 2023 (札幌&定山渓, 北海道で開催) にLocal Arrangement Chair, ポスター発表者として参加.3日間という短期間で研究に取り組むResearchathonにも参加.
  • [2023/06] 国際会議EASE (オウル, フィンランドで開催) に参加し,論文発表.
  • [2023/05] 国際会議ICSEおよび併設会議のCAIN (メルボルン, オーストラリアで開催) に参加.CAINにて論文発表.
  • [2023/04] 国際会議EASE (International Conference on Evaluation and Assessment in Software Engineering) の Journal First track に採択 (論文誌ISTに採択された論文の発表).
  • [2023/03] SE4AIに関する国際会議CAIN (International Conference on AI Engineering – Software Engineering for AI) に論文採択 (An Initial Analysis of Repair and Side-effect Prediction for Neural Networks).
  • [2023/03] 修士(工学)取得.

すべてのニュース »

論文誌・国際会議論文

査読付き

(2023). Uncertainty-aware Metamorphic Testing for Robust Object Detection Models. Proceedings of the 23rd International Conference on Software Quality, Reliability, and Security Companion (QRS-C).

引用 Proceedings

(2023). An Initial Analysis of Repair and Side-effect Prediction for Neural Networks. Proceedings of the 2nd International Conference on AI Engineering–Software Engineering for AI (CAIN).

引用 Proceedings PDF Code

(2023). PAFL: Probabilistic Automaton-based Fault Localization for Recurrent Neural Networks. Information and Software Technology.

引用 Website (Open Access) Code

(2022). Do visual issue reports help developers fix bugs? a preliminary study of using videos and images to report issues on GitHub. In Proceedings of the 30th International Conference on Program Comprehension (ICPC).

引用 Proceedings PDF

連絡先

  • ishimoto🌟posl.ait.kyushu-u.ac.jp(replace 🌟 for at)
  • (+81) 092 802 3606
  • 〒819-0395 福岡県福岡市西区 元岡744