研究成果

査読付き論文誌・国際会議論文

: 論文誌, : 国際会議

  1. Jianhong Wang, Yuta Ishimoto, Masanari Kondo, Yasutaka Kamei, Naoyasu Ubayashi, “Uncertainty-aware Metamorphic Testing for Robust Object Detection Models,” In Proceedings of the 23rd International Conference on Software Quality, Reliability, and Security Companion (QRS-C), pp.9-17, doi: 10.1109/QRS-C60940.2023.00058, October 2023.
  2. Yuta Ishimoto, Ken Matsui, Masanari Kondo, Naoyasu Ubayashi, Yasutaka Kamei, “An Initial Analysis of Repair and Side-effect Prediction for Neural Networks,” In Proceedings of the 2nd International Conference on AI Engineering - Software Engineering for AI (CAIN), pp.80-85, doi: 10.1109/CAIN58948.2023.00017, May 2023.
  3. Yuta Ishimoto, Masanari Kondo, Naoyasu Ubayashi, Yasutaka Kamei, “PAFL: Probabilistic Automaton-based Fault Localization for Recurrent Neural Networks,” Information and Software Technology (IST), Volume 155, Article number: 107117, March 2023. (IF (2022): 3.9). [Selected for the journal first program of EASE 2023]
  4. Hiroki Kuramoto, Masanari Kondo, Yutaro Kashiwa, Yuta Ishimoto, Kaze Shindo, Yasutaka Kamei, and Naoyasu Ubayashi, “Do Visual Issue Reports Help Developers Fix Bugs? – A Preliminary Study of Using Videos and Images to Report Issues on GitHub –,” In Proceedings of the International Conference on Program Comprehension (ICPC), pp.511-515, doi: 10.1145/3524610.3527882, May 2022.

国際会議発表 (論文なし)

  1. Yuta Ishimoto, Masanari Kondo, Naoyasu Ubayashi, Yasutaka Kamei, “PAFL: Probabilistic Automaton-based Fault Localization for Recurrent Neural Networks,” In Journal First track of the International Conference on Evaluation and Assessment in Software Engineering (EASE), June 2023, Oulu, Finland. (Presentation only, no paper.)

招待講演

  1. Yuta Ishimoto, Masanari Kondo, Naoyasu Ubayashi, Yasutaka Kamei, “PAFL: Probabilistic Automaton-based Fault Localization for Recurrent Neural Networks,” トップカンファレンス・トップ論文誌特別講演, 日本ソフトウェア科学会第40回大会 (JSSST2023), 2023年9月.
  2. Yuta Ishimoto, Masanari Kondo, Naoyasu Ubayashi, Yasutaka Kamei, “PAFL: Probabilistic Automaton-based Fault Localization for Recurrent Neural Networks,” 招待講演, ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2023 (SES2023), 2023年8月.

国内学会発表

  1. 中村悠人, 石本優太, 勝部瞭太, 佐藤直人, 小川秀人, 近藤将成, 亀井靖高, 鵜林尚靖, “量子プログラムにおけるSATDの分類と評価,” 電子情報通信学会技術報告 (知能ソフトウェア工学研究会), vol.123, no.443, pp126-131, 2024年3月.
  2. 石本 優太, 近藤 将成, 鵜林 尚靖, 亀井 靖高, “深層学習モデルの自動修正技術の効果および副作用の見積もり,” 第30回ソフトウェア工学の基礎ワークショップ (FOSE) 2023, 2023年11月. (ポスター発表)
  3. Yuta Ishimoto, Masanari Kondo, Naoyasu Ubayashi, Yasutaka Kamei, “An Analysis and Prediction of Repair and Break for Neural Network Repair Techniques,” MSR Asia Summit 2023, 2023年7月. (ポスター発表)
  4. Jianhong Wang, Yuta Ishimoto, Masanari Kondo, Yasutaka Kamei, Naoyasu Ubayashi, “Towards Robust Object Detection Models by Metamorphic Testing,” 第213回ソフトウェア工学研究発表会, 2023-SE-213(16), pp.1-8, 2023年3月. 学生研究賞
  5. 稲田 司, 石本 優太, 近藤 将成, 亀井 靖高, 鵜林 尚靖, “Dockerfileの開発を支援するインタラクティブツールの提案,” 電子情報通信学会技術報告 (ソフトウェアサイエンス研究会), vol.122, no.432(SS), pp.43-48, 2023年3月.
  6. 石本 優太, 近藤 将成, 鵜林 尚靖, 亀井靖高, “確率的オートマトンとn-gramに基づくRNNに対するバグ限局,” 電子情報通信学会技術報告 (ソフトウェアサイエンス研究会), vol.122, no.138(SS), pp.55-60, 2022年7月. 研究奨励賞
  7. Yuta Ishimoto, Masanari Kondo, Naoyasu Ubayashi, Yasutaka Kamei, “抽象モデル上のn-gramに着目したRNNに対するFault Localization,” 第5回機械学習工学研究会 (MLSE夏合宿2022), 2022年6月. (ポスター発表)
  8. 蔵元 宏樹, 石本 優太, 新堂 風, 近藤 将成, 柏 祐太郎, 亀井 靖高, 鵜林 尚靖, “GitHubにおけるバグ報告等の動画および画像の活用実態に関する調査,” 電子情報通信学会技術報告 (ソフトウェアサイエンス研究会), vol.121, no.416(SS), pp.78-83, 2022年3月.
  9. 石本 優太, 松井 健, 鵜林 尚靖, 亀井 靖高, “RNNの抽象化モデルに対するバグ限局とその評価,” 第207回ソフトウェア工学研究発表会, 2021-SE-207(2), pp.1-8, 2021年3月. 学生研究賞 コンピュータサイエンス領域奨励賞

受賞

論文に対する賞については自分が筆頭著者のもののみ掲載.

  1. 令和4年度電子情報通信学会ソフトウェアサイエンス研究会研究奨励賞, 2023年3月.
  2. 情報処理学会2021年度コンピュータサイエンス領域奨励賞, 2021年6月.
  3. 第207回ソフトウェア工学研究会 学生研究賞, 2021年3月.
  4. 情報処理学会北陸支部 平成30年度 優秀学生賞, 2019年3月.

研究助成

  1. 日本学術振興会 特別研究員 (DC2) 採用, 2024年4月〜2026年3月.
    ※ 研究課題名:「機械学習システムの運用時における自動的な品質保証技術の確立」(24KJ1784).
  2. 九州大学 先導的⼈材育成フェローシップ事業 (情報・AI 分野) 採用, 2023年4月〜2024年3月.
  3. 日本学生支援機構 第一種奨学金 特に優れた業績による返還免除 (半額免除), 2023年7月.

学会活動

  1. Local Arrangement Chair, MSR Asia Summit 2023.

その他

  1. スキルアップAIキャンプ (AIソフトウェアの品質保証に関する動向) 登壇, 2024 年 5月.
  2. 8大学共同開催「情報学 for all by all」 登壇, 2024 年 3月.
  3. 石本 優太, 近藤 将成, ⻲井 靖⾼, 鵜林 尚靖, AI の品質保証:5. ニューラルネットワークモデルのバグ限局・⾃動 修正技術, 情報処理, 63(11), e28-e33, 2022 年 10 ⽉. (補⾜: 情報処理学会誌2022年11月号の特集記事執筆.)